カニ料理の作り方・レシピ

カニ料理の作り方・レシピ

しゃぶしゃぶ

 

カニしゃぶ(しゃぶしゃぶ)

むき身をしゃぶしゃぶ  とろーり半生がおすすめ

 

湯にさっと5秒ほどくぐらせてあっさりポン酢で食べるのが最高!

 

外側がぷりっぷりの歯ごたえ、中は半生のとろっと柔らかい蟹肉になり同時に2つの食感を楽しむことができます。
お好みでしゃぶしゃぶする時間は調整してください。
素材の味わいを存分に堪能することができますね。
ベーシックですが、有無を言わさず美味しい一品です!
風味豊かなズワイガニの脚ポーションが適しています。

 

 

カニチャーハン

 

カニチャーハン(蟹炒飯)

チャーハンとカニのコラボで、高級チャーハンの出来あがり!

 

見た目の豪華さとカニの風味で、チャーハンをさらに美味しく食べられます。
1.作り方のポイントは最初にほぐしたカニの身を焦げ目がついたら他の器に移す。
2.たまごをよく溶き混ぜ、熱したフライパンに流し入れ、たまごがかたまる前にご飯を入れ、すばやく混ぜます。
3..塩、コショウで軽く味付けして、具材のにんじんと青ネギ、ムキエビを加え炒めます。香りづけにしょうゆをフライパンの脇に回しかけ、手早く炒めます。 先ほど、焼き目をつけたカニをたっぷり盛り付けて、カニチャーハンの出来上がりです。

 

 

焼きガニ

 

焼きガニ

カニを火で炙っただけですが、これは旨い!

 

焼くとカニが更に香ばしく旨みが凝縮され食欲をそそります。
熱々の香ばしいカニを堪能して下さい。
個人差はありますがあまり焼きすぎないのが美味しく食べるコツです。
甘みのあるタラバガニが適しています。

 

 

 

カニの塩茹で

 

カニの塩茹で

塩を適量に大きなお鍋で茹でるだけで、美味しいカニが堪能出来ます。

 

熱々のカニをはハフハフしながらカニの甘い身を堪能しましょう。
カニみそが絶品ですので、身につけて食べても美味しいし、日本酒をたしなむ方は甲羅を盃にカニみそに注いで飲むと最高です。
毛ガニ、ズワイガニが適しています。

 

 

 

カニ鍋

 

カニ鍋

殻付き部分を入れるのがコツ!殻から良いお出汁がたっぷり出ます。

 

昆布で出汁を取り、お好みの鍋用つゆを作ります。あとはお好みで白菜、椎茸、えのき、しめじ、白ネギ、豆腐などを入れ、毛ガニ、ズワイガニの足、タラバガニの足を入れてグツグツ煮るだけです。

 

 

カニぞうすい

 

カニ雑炊

カニ鍋を食べた後は、ぞうすいで締めましょう。

 

旨みが凝縮された出汁が効いています。
塩で味を調えて、白いご飯をいれるだけで簡単に作れます。
お好みで溶き卵を加えても良いでしょう。
美味しいおしんこでもあれば、大満足!

 

 

カニステーキ

 

カニステーキ

カニをフライパンでバター焼きにします。

 

バター焼きにするとカニが更に香ばしく旨みが凝縮され、バターの香りとの相乗効果で濃厚な贅沢な一品に仕上がります。
カニというと和風な感じがしますが、ステーキにすると洋風の高級レストランで食事をしたような気がします。
あまり焼き過ぎないのが美味しく食べるコツです。
繊細なズワイガニ、濃厚なタラバガニがオススメです。

 

 

その他のカニ料理

 

カニ玉
ご存じカニを使った中華料理の代表作!
ふわふわ卵にカニの旨みが凝縮されています。
本格的につくるなら以下の材料を加えてください。

 

卵...5コ カニ(ほぐし身)...80g タケノコ(茹でたもの)...40g 干しシイタケ(戻す)...2枚 長ネギ...1本 ショウガ(みじん切り)...小さじ1弱 絹サヤ...適量
鶏ガラスープ...150ml 醤油...大さじ1 砂糖...小さじ1弱 片栗粉...大さじ1/2 塩...ひとつまみ コショウ...少々 サラダ油...約大さじ4

 

カニの味噌汁
寒い冬に、蟹のだしがた〜っぷり溶け込んだ熱々のお味噌汁。
体も温まり幸せな気持ちになります。
出汁に使った蟹をそのまま具材にすれば
蟹の身をほじりながら食べられるので大満足!
ふーふーしながら、家族みんなで食卓を囲みながら食べたい一品です。